ユニクロ柳井正さんのインタビュー記事から

ユニクロ率いるファーストリティリングの会長兼社長である柳井正さんのインタビュー記事。「未踏に挑む」、日経新聞1月13日付けより。

 

・これからは情報産業とサービス業だけになる。製造から顧客まで、川上から川下までをつなぐ、エンドtoエンドの姿に変わる必要がある。ECと小売業が融合し、存在意義のある企業だけが生き残ることになる。顧客のためになっていない企業は淘汰される。それが世界レベルで進む。

・店はすべて建て替えないといけないかもしれない。デジタル化で消費者はどこでも服を買えるようになった。逆に店舗は「そこでしか買えない」商品やサービスを提供する場になる。地域に根ざしながら世界中の人が集まるような店だ。店舗を標準化するチェーンストアの時代は終わった。

・ノーベル賞を受賞した本庶佑先生の話した6つのCが重要になる。キュリオシティ(好奇心)、カレッジ(勇気)、チャレンジ(挑戦)、コンフィデンス(自信)、コンティニュー(継続)、コンセントレーション(集中力)だ。それと教科書を信じるな。教科書以上の答えを出す必要がある。

・自分の頭で考えろ。日本の中で食えてしまうし、組織もピラミッド型でアナログだ。デジタルの世界に対応するには、組織をフラットにして即断即決で指示が出る形にしないといけない。働き方もデジタル化し、もっと効率を上げる必要がある。

・すべてがグローバル市場での競争に入り、その中でのブランドのポジションが大事になる。日本は(成長どころか)崩壊しないことが大事だと思う。規制緩和も進まないし、再び護送船団方式のようになってきた。

 

この大変化の時代に、これまでどおりのことをやっていては淘汰されるだけだ。ユニクロでさえ「店はすべて建て替えないと」と言っている。チェーンストアの時代は終わったと指摘し、教科書を越える答えをつくっていけと喝破する。

そのためのヒントとなるキーワード。

・好奇心

・勇気

・挑戦

・自信

・継続

・集中力

とても重要なキーワードだと思う。

 

男女の大学進学率の変化

日経新聞の「経済教室」面に興味深いグラフが掲載されていた。

ビル・エモットさん、イギリスエコノミスト誌の元編集長の指摘。日本の4年生大学の進学率を男女別にしたグラフだ。男女ともに、基本的には進学率が上がっているが、特に女性の伸びが著しい。

わたしたちの世代、1990年ごろまでは、男性=35%程度、女性=12%程度だったものが、昨今では男女ともに50%ほどにまで高まり、かつ拮抗している。

この事実から、「日本の次の時代を担う多くは女性になるだろう」と、結論づけている。

以下、要点をまとめたい。

 

昭和の終わりごろの日本。

80歳以上=300万人、20歳以下=3,500万人 いた。

今。80歳以上=1,000万人、20歳以下=2,300万人。

医療費と公的年金が増え、納税者が減っていった。

バブル崩壊の痛みは、ある特定の労働者集団が失業するといったかたちで犠牲が払われたのではなく、広く全体で残業手当やボーナスが切り詰められるといったかたちで所得を削られた。

平成が始まったとき。就労者の80%は修身雇用を前提とする正規雇用労働者だった。だが、現在は約60%にまで下がり、4割りは短期やパートタイムの非正規雇用。

このことは、企業が短期雇用労働者の訓練に投資をしなくなったという悪影響を与えている。平均的な労働者のスキルと生産性が伸び悩んでいる。

日本は政界、実業界などで高い地位に就く女性が先進国の中で圧倒的に少ない。女性の社会進出が遅れている国として悪名高い。

だが、平成時代に上がってきた大学進学率からすれば、あたらしい元号の時代には女性が活躍する時代となろう。

 

 

被災地の厚真町でゼロから再スタートした小林農園の卵

地震で被災した、厚真町の小林農園さん。その卵をいただく。親戚の飲食店主からのおすそわけだ。

ちょうどその日、偶然にも新聞がその後の奮闘ぶりを伝えていた。

いわく「すべてを失い。ゼロからの再スタート」。

養鶏家・小林廉さんは札幌から厚真町へ養鶏を始めるために移住した。2013年。中古資材をかき集め、納屋や鶏舎を整えていったそうだ。当初、200羽だった鶏は地震直前には1,500羽までに増えていた。

広い鶏舎で伸び伸び育つ鶏の卵は、インターネット通販などで道内外で人気を集めていたという。

だが、あの日。自宅が土砂におそわれた。

 

1ヶ月後。

 

再出発に向けて、浜厚真の方へ移転。ボランティアや知人らの助けを借りて、1ヶ月をかけてビニールハウスの鶏舎2棟を建てたそうだ。

 

その卵だ。

 

大切に、大切に、味わいたい。

 

 

介護福祉サーベイジャパン社の斎藤厚社長が新聞に掲載される

知り合いの、というか、勉強会なかまの斎藤厚さんが北海道新聞に掲載されていた。2019年1月3日付け朝刊。

高齢者の入居施設を393カ所を紹介した情報誌「すむところ札幌・小樽版2018」を発行したというニュース。

情報誌を持ってにっこりする斎藤さんの顔写真入り。

場所はどこだろう?と思って、よく見たら、いつも使わせてもらっている「法務会計プラザのセミナールーム」ではないか。道銀ビルの8F。

ここで取材されたようだ。

詳しい内容は、下記の記事を参照していただいて。

介護福祉サーベイジャパン(株)が老人ホーム・介護施設を紹介する『すむところ』札幌・小樽版を初出版!

 

シニアの方で、住まいを探している人にはぜひ参考にしてほしい1冊。

札幌と小樽の書店・コンビニ(セイコーマート)で販売している。

 

 

また、この日の新聞はもうひとつ、悲しい知らせを載せていた。

三角山放送局を開局した「らむれす」の木原くみこさんが死去した知らせ。67歳。最近はしばらくお会いしていなかった。

STVに入社後、ラジオ制作ディレクターとして活躍後、1991年にイベント企画制作会社らむれすを設立し社長に就任。1998年に地域FM三角山放送局を開局。2015年まで会長を務めた。と、新聞は伝えている。

ご冥福を祈りたい。

 

 

『習慣が10割』吉井雅之著を読む

『習慣が10割』(すばる舎)、吉井雅之著。

習慣形成のプロが教える、意思・やる気に頼らない「続けられる」最強スキル。

仕事・お金・人間関係。

人生がうまくいく、最も強力でシンプルな方法。

それが、習慣だ。

続きを読む →