北海道の札幌近郊、手ぶらでワカサギ釣りが今季もスタート!

NO IMAGE

今季、2018年シーズンの手ぶらでワカサギ釣りがスタートした。予定では昨日からだったが、先日の雨や暖気で氷がゆるみ本日、1月13日(土)からの開始となった。

会場は昨年と同じ茨戸川。すぐ近くの茨戸ガーデンをランチ会場に、着替えとトイレが利用できる。初日のコンディションは快晴、気温マイナス4℃。氷の厚さ約25センチ。

参加者は神奈川や神戸、徳島など全国各地から。加えてシンガポールやオーストラリアなどの外国人を含む18人。カップルやファミリー、グループで参加されていた。

初日の釣果はごらんのとおり。300匹オーバーの大漁。

釣ったワカサギはその場で天ぷらにあげる。

カリカリにあがったワカサギ。これに塩や粉末の醤油をかけて味わう。

参加者はみんな笑顔。

道具も不要、ガイドが釣り方をおしえてくれるので初めての人でも楽しめる、手ぶらでワカサギ釣り。次はあなたがチャレンジ!

宝島旅

 

北海道のアウトドアアクティビティカテゴリの最新記事