余市町の「北海道エコビレッジ」で3つの体験、スノーシュー・巻寿司・餅つき

NO IMAGE

余市町での冬のモニターツアー、2日目はNPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクトさんでの体験だ。スノーシュー、巻寿司、餅つき体験を楽しむ。

北海道エコビレッジ推進プロジェクトとは、ひとことでは説明しにくいのだが、環境に負荷をかけずに持続可能な暮らし方を実践して、仲間と学びあいながら実験していく場。という感じだろうか。主宰は坂本純科(さかもと・じゅんか)さん。埼玉県出身→北大農→市役所勤務→欧州留学ののち、はじめた。

最初のプログラムはスノーシューツアー。道具をセットして、さあ出発しよう!

広い敷地内を少し上ると、ニワトリ小屋がある。

手づくりのイグルー。中に入ってみよう。

斜面を先導するのは鹿俣智裕さん。アラスカで学んだ経験を有する。

小高い丘を登りきってひとやすみ。景色がきれい。

さあ、ここからは一気に斜面をかけおりよう!

たのしさがつたわってくる笑顔。

この日は天気もよく、爽快! なスノーシューツアーとなった。

エコビレッジの拠点にもどって。次は巻寿司体験だ。おしえてくれるのは村田枝里さん。札幌で自然派レストラン勤務の経験をもち、ご主人とともに余市に新規就農した。

できるだけ地元の素材をつかっての巻寿司指導。

カリフォルニアロールも。

みんなでつくって、みんなでいただく。乾杯はここエコビレッジで育てられたブドウ、ツヴァイゲルトレーベでつくられた登醸造(ワイナリー)のワインで。

クールなボトル。エコビレッジのワインは「何も足さない、何も引かない」。収穫したブドウの果汁のみでつくられたそうだ。

最後はもちつき体験。おしえてくれるのは、伊藤三太さん。伊藤さんもまた、新規就農者だ。

シラカバの木からつくられた臼に、名寄産の餅米を蒸しておしつぶしていく。

その後、ペッタンペッタンとやる。

おもちをまるめていこう。

果樹園が多い余市ということで、ジャムと味わうもち。意外にもよくあう。きなこに、あん。おいしい!

9時から15時まで、ぞんぶんに楽しんだ。北海道エコビレッジのみなさん、余市観光協会の方々、ありがとう!

北海道エコビレッジ推進プロジェクト

 

北海道のインドアアクティビティカテゴリの最新記事