世の中の変化
帯広市の人口が釧路市を抜く

北海道で人口が6位だった帯広市が、釧路市を抜いて5位になったと新聞が報じていた。 2020年12月末の住民基本台帳人口によれば、帯広市が165,670人。釧路市が165,667人。わずか3人ながら順位が入れ替わった。 こ […]

続きを読む
世の中の変化
たき火を楽しむ「タキビスト」対象にビジネスチャンス

「道内広がる『たき火ジネス』」との見出しで、北海道新聞がたき火に関連するビジネスについて伝えている。 たき火を愛する人を「タキビスト」と呼び、たき火が全国的なブームになっている。道内でも、出張たき火カフェを展開する会社や […]

続きを読む
世の中の変化
鉄道の「新常態」にヒントを〜JR東日本社長のインタビューを読む

JR東日本の深沢祐二社長が日経新聞のインタビューに答えている。鉄道におけるコロナ下での「新常態」に驚いた。 「月曜経済観測」コーナー。 ・定期券の販売動向を見ると、平時の7割強まで利用客は戻ってきた。今年度末には8割強に […]

続きを読む
世の中の変化
東京大学の松尾豊さんが日本経済新聞のインタビューに応え「『黒船』コロナ、変革迫る〜デジタル化・AI普及を今こそ」

AI研究の第一人者である東京大学の松尾豊さんが、日本経済新聞のインタビューに応えている。「『黒船』コロナ、変革迫る〜デジタル化・AI普及を今こそ」 ・新型コロナによってデジタル化、オンライン化が急速に進んだ。AIの普及に […]

続きを読む
世の中の変化
コロナの影響〜売上高30年ぶり低水準

このサイトは「良いこと」を広めるのが目的だが、ちかごろは悪いことがつづいている。「戦後最悪の危機」という表現も見られるほど、経済環境は苦境に陥っている。 日経新聞から数字や見通し、動きなどをひろってみたい。 ・4月〜6月 […]

続きを読む
世の中の変化
JR北海道が廃止・バス転換方針の5区間を見て

道新が「路線存廃議論コロナで急加速」という見出しで、JR北海道の路線が減る現状を地図入りで伝えていた。廃止やバス転換方針の5区間の合計は、311.5キロにも及ぶ。 普段、道の駅の取材をしていると、この鉄道の駅がまちの記憶 […]

続きを読む
世の中の変化
「GDP年27.8%減、戦後最悪」という衝撃

新聞が衝撃的な数字をトップ記事で報じていた。 「GDP年27.8%減」、リーマンショックを超え戦後最悪の数字を記録したともちろん理由は「コロナで消費が激減」だ。GDPとは国内総生産。主要な経済指標のひとつ。「戦後最悪」と […]

続きを読む
世の中の変化
北海道の観光関連ニュース、6月4週

■「安心・安全」地域全体でコロナの影響で「3密」を避ける行動が定着し、旅の目的地を選ぶ基準が大きく変わった人も多い。これまでは「安・近・短」が「外・近・単」がキーワードになると指摘する関係者もいる。屋外・近場・少人数。世 […]

続きを読む
世の中の変化
北海道の観光関連ニュース、6月3週

■移動解禁、観光回復へ一歩国内便が着々と再開し、旅行会社はPRを活発に。先行きなお不透明だという見出し。 ■道内往来あす制限解禁イベントなど緩和、道は屋内で100人以下、屋外は200人以下の場合などに限り開催は可能として […]

続きを読む
世の中の変化
北海道の観光関連ニュース、6月2週

■網走市観光協会の全面広告「さあ、網走へ行こう。」さあ、ホテルで暮らそうキャンペーンを開催。ホテルで暮らそうをコピーに、夫婦でステイ、仕事でステイを呼びかけている。助成をつかったプランの訴求、道内では第1号の新聞広告を見 […]

続きを読む