日々の学び・活動
当別スウェーデンマラソン
久しぶりの大会「当別スウェーデンマラソン2022」に出場、なんとか完走する

久しぶりにマラソン大会に出場した。「当別スウェーデンマラソン2022」。当別町で開催される大会に、なぜ北欧の国名が入っているか。その理由は「スウェーデンヒルズ」と呼ばれる統一された住宅街の中を走るマラソンだからだろう。大 […]

続きを読む
世の中の変化
JR北海道の車両
鉄道開業から150年。北海道の線路網を守るにはどうしたらいいのだろうか

日本初の鉄道が、東京=横浜間に開通してあす・10月14日で150年を迎えるという。北海道ではその8年後、1880(明治13)年に小樽・手宮=札幌間が開通した。鉄道は旅客・物流の柱として産業や生活を支えてきた。新幹線は函館 […]

続きを読む
北海道のローカルエリア情報
道の駅えんべつ
道の駅えんべつの花菜夢

道新の夕刊「まど」のコーナーに、以前取材で伺った道の駅えんべつさんの話題が載っていた。以下、転載したい。    * 「こんなに長く続くと思わなかったが、お客さんや多くの人のおかげで一年一年頑張ってこられた。その積み重ねの […]

続きを読む
世の中の変化
「設計事務所白書2022」から全国の組織設計会社の実力を知る、そのランキング

『日経アーキテクチャ』という建築業界に特化した専門雑誌、2022年9月8日号に「設計事務所白書2022」が特集されていた。設計会社の経営動向調査。総合売上高ランキングや部門別の売上高などが調査されており、各事務所の特徴が […]

続きを読む
日々の学び・活動
朝会での発表
パートナーズ会の「朝会」で発表する

わたしがメンバーに入れてもらっている「法務会計プラザパートナーズ会」。この例会である「朝会」で自分の活動を発表する機会をいただいた。タイトルは、いろいろ迷ったが「コロナ禍によってやってきたアウドドアとマイクロツーリズムの […]

続きを読む
日々の学び・活動
敬老の日の話題〜笹本恒子さんを伝える卓上四季

敬老の日。新聞のコラム「卓上四季」が女性報道写真家の草分けであった笹本恒子さんのことを取り上げていた。    = 女性報道写真家の草分けとして知られた笹本恒子さんが脚光を浴びたのは2010(平成22)年、96歳の時のこと […]

続きを読む
北海道のローカルエリア情報
「お見舞いセット」を発売し話題となった、釧路の老舗ローカルスーパーの話

道新の「今日の話題」にちょっといい話が紹介されていた。「お見舞いセット」と題した釧路市のローカルスーパーの話題。    = 創業65年。「あいちょう」は釧路市内に2店ある老舗の食品スーパーだ。さなかクンそっくりのフグの帽 […]

続きを読む
北海道のローカルエリア情報
「北海道の魅力 再発見の旅」という読者の声

新聞の「読者の声」欄に「北海道の魅力 再発見の旅」と題した滝川市の会社役員さんの投書が載っていた。 いわく 毎年夫婦で楽しみにしていた年2回の道外旅行にコロナ禍で行けなくなってから、早3年が過ぎようとしています。同様に、 […]

続きを読む
北海道のローカルエリア情報
音のない水族館〜おたる水族館のあっぱれニュース

北海道新聞夕刊の一面コラム「今日の話題」にあっぱれな話題が載っていた。 「音のない水族館」と題された内容。小樽市の「おたる水族館」で7月、初の企画として、BGMや館内放送など機械を通じた音をすべて停止したイベントが開催さ […]

続きを読む
世の中の変化
五輪の意義

「経済停滞期に五輪 意義は」と題した意見が新聞に載っていた。主張者は東大大学院教授の吉見俊哉さん。以下、主旨を引用したい。 ・昨夏の東京五輪から1年になる。失敗したこの五輪は早く忘れたい。コロナの拡大で運が悪かったとも言 […]

続きを読む